日本光電のAEDは価格ではない安心があるんです。そういうことではないかと思っています。やはり人の命を守るものなんです。だから、価格云々が言われることがありますが、そういうことではないと思っています。何かあってからでは遅いんです。だから、数を多く揃える必要ではないんですが、置いておくことは重要なんです。そういうことではないかと考えているんです。自分自身のことに置き換えて欲しいんです。何か合った時に、それで救われたとしたら、やっぱり置いておいて欲しいと思うはずなんです。どうしても、設備ということで考えてしまうと、軽く考えてしまうものなんです。なんでもそうですが、自分自身のことに置き換えてみることが大事になってくるんです。自分が体調がおかしくなったときに必要なのかどうなのかということで決めていかないといけないんです。

日本光電のAEDの価格を調べてみる

日本光電ではAEDを専門的に取り扱っているところです。そして、価格もピンからキリまであります。大体40万円前後で購入できます。大体設置場所は公共施設が多いためある程度の耐久性があるものになっています。大体、耐用年数が六年ほどになっています。それ以上になるとパッドが劣化したり、きちんと作動するかも確認しないといけません。そして、問題になるのがバッテリーです。非常時に持って歩くため、バッテリーがどの程度持つのかも重要なポイントです。日本光電の製品では四年ほどで交換になります。価格も3万6千円くらいになっています。そして、メンテナンスや点検も必要になります。その点でもメーカーにお願いすることが重要です。どうしても、命に係わるものなので、作動チェックや管理についても重要なポイントになります。そして、このメーカーでは品質もしっかりとしています。

日本光電のAEDの価格

日本光電の作っているAEDというのは、緊急時には必要なものではないでしょうか。その緊急時というのは、心肺停止状態になってしまった人がいた時などです。その際に使うことによって、その人を助けることができるかもしれません。この機器の価格は、ものにもよりますが、本体価格が400000円程度のようです。そして、バッテリーが耐用年数が4年のもので40000円程度のようです。また、パッドが4000円程度のようです。一度購入すれば、バッテリーの交換費用などだけしかかかりませんので、それほど高くはないのではないでしょうか。20年使う場合、本体が1個、バッテリーが5個、パッドを使う機会がないとして1個の費用が必要ですので、604000円となります。つまり、年間30200円の負担と考えることができるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)